中小企業という転職先にはどういった特長があるか

転職先として、よく大企業などは選ばれています。上場企業への内定を目指す方々も多いですが、もちろんそれだけが唯一の選択肢ではありません。

中小企業という選択肢もあるのですが、実際そういう会社には様々なメリットはあります。

 

1.早く出世できる可能性

 

例えば、出世スピードのメリットです。大手企業の場合は、なかなか出世できない事も珍しくないのです。

様々な事情があって、1つ上の役職に出世するまでに5年や10年ほどを要してしまう事もあります。ところが中小企業の場合は、総じて早く出世できる傾向があるのです。

会社によっても異なりますが、2年程度で1つ上のポストに出世できる事もあります。

 

2.親身に面倒を見てくれる

 

他にもあります。比較的面倒見が良い会社も多いのです。中小企業は、もちろん社員の人数は少ないです。

大企業のように、数百人や数千人が勤めている訳ではありません。このため、かなり親身に相談可能な会社も多いのです。

社長との距離が非常に近いですから、個人的な事情に配慮してくれる中小企業も目立ちます。

 

3.意見が反映されやすい

 

それと、会社の意思決定に関する特徴です。ビジネスでは、たまに何かのアイデアを思いつくこともあります。

しかし大企業などでは、思いついたアイデアが会社経営に反映されない事も珍しくありません。ところが中小企業ですと、意見が反映される事も多いのです。

幹部や社長との距離が近い訳ですから、自分の意志で会社を動かせることも多々あります。

会社の規模よりも、給与の額よりも、「やりたいことへの想い」

 

4.転勤のリスクが小さい

 

また、転勤に関するメリットも意外と軽視できません。転職活動を検討する方々は、たまに転勤を心配しています。

突然に会社の命令で別の場所に引っ越しを余儀なくされてしまうと、色々と大変だからです。

しかし中小企業の場合は、そもそも事業所の数もあまり多くありませんから、転勤される範囲も限定される傾向があります。

 

5.多彩な業務を任される

 

それと中小企業では、業務の範囲にも特長があるのです。非常に多彩な仕事に関わる事が多いからです。

大企業の場合は、そうではありません。非常に細かく部署が分かれていますから、多彩な業務に携わるというのは難しいでしょう。

それに対して中小企業は、実に幅広い仕事が割り振られる傾向があります。

 

中小企業への転職の特徴

 

ですから中小企業には、

・出世の早さ
・面倒見の良さ
・意見の反映
・転勤
・業務の多彩さ

このような特長があります。やはり会社の規模が小さいので、こういった状況になる事が多いのです。

これらの中のどれかにメリットを感じて、転職をする方々も意外と多く見られます。

東京地域における転職の主な特長

お仕事を探す時は、地域が1つのポイントになります。各地域によって転職のやりやすさも異なるのですが、多くの方々は東京地域に着目しています。

仕事の数などに特長があるからです。デメリットも数点ありますが、総じて転職しやすい地域とは言えます。

 

1.数の多さが特徴的

 

多くの方々が東京でお仕事を探す理由は、やはり案件数です。郊外地域では、なかなか案件の数が多くない事もあります。

転職をしたいと思っても、案件数が少なければ前に進まない事もあるでしょう。その点東京は求人数は豊富ですから、お仕事自体は探しやすいです。

 

2.仕事が多いので出稼ぎをする

 

ちなみに郊外にお住まいの方々は、たまに東京に出稼ぎに来ている事もあります。地方ではなかなか仕事が見つからないからです。

最近では少し状況も変わりつつありますが、それでも東京は相変わらず仕事が多くあります。

 

3.職種も非常に幅広い

 

案件数だけではありません。職種にも特徴があるのです。東京の場合、実に多彩な職種があります。

郊外ではなかなか見かけない職種で、求人の募集がかけられている事もあります。つまり、選択肢が幅広いのです。

 

4.交通網が発達している

 

それと通勤のメリットです。よく言われる事ですが、東京は自家用車が無くても移動する事ができます。電車網が非常に発達しているからです。

しかも駅からあまり遠くない場所に、様々な企業のオフィスがあります。働く以上は、交通アクセスが充実しているに越した事は無いでしょう。

 

5.東京地域のメリットとデメリット

 

ですから東京での転職には、次のようなメリットがあります。

・求人数
・職種の多さ
・交通アクセス

その反面で、東京にもデメリットがあるのは要注意です。例えば一部の場所では、かなり電車が混雑する事があります。

通勤ラッシュには注意を要するでしょう。それと物価です。郊外と比べれば、若干物価は高めな傾向はあります。日本の中でも、1、2を争うほど物価が高いと言われているのです。

ですから東京の転職には、数点のデメリットはある訳です。

ですがそれでも、上記の求人数などは多くの方々が魅力的だと感じています。デメリットがある事を承知で、東京で転職をする方々も珍しくありません。

憧れの業界を目指し東京で働くことに。カスタマーサポート 

 

総じて東京は転職しやすい

 

いくつかデメリットはあるものの、やはり案件数の多さなどが理由で、東京は転職しやすい地域と言えるでしょう。

物価も多少高めではありますが、他地域と比べて収入も高めですし、高収入のお仕事を探す方々にもおすすめの地域と言えます。

果たして30代では転職は少々難しいか

30代に近づいている方々は、転職に関する焦りを感じている事があります。なぜなら、30代が1つの節目という考えがあるからです。

確かに30代になると、採用される確率は変わってくるでしょう。しかし、それも会社次第とも言えます。

 

1.会社が採用したい人材と年齢の関係

 

会社が採用しようと考える人材は、年齢と大きな関係があるのです。全体的な傾向を見る限り、若い方々の方が採用される確率は高いです。

つまり30代と比べれば、20代の方が高確率で採用される傾向はあるのです。現に企業によっては、応募できる人材は20代限定になっている事さえあります。

 

2.転職に関する焦りと不安感

 

となると、20代終盤の方々は焦ってしまうのも当然です。30代になれば転職が少々厳しくなる訳ですから、早めに内定先を決めたいと思う事もあるでしょう。

また既に30代になっている方も、不安感を覚えている事があります。30代では転職は難しいという思いが強く、なかなか踏み切れない事もあるでしょう。

 

3.30代では厳しいかどうかは会社次第

 

ですが冒頭でも触れた通り、それも会社次第なのです。そもそも「全て」の企業にて、30代は採用しないという意味ではありません。

現に30代の方が転職活動を行って、無事にどこかの会社に採用されている事例は確かにあります。20代でないと採用しないというのは、あくまでも一部の会社の話です。

そうではなく、30代でも別に問題は無いと考える会社もあるのです。ですから30代でも転職を行うのは、特に問題は無いでしょう。

 

4.採用に関わってくるキャリアとやる気

 

それより大切なのは、職歴とやる気のアピールです。少なくとも30代の方々には、20代には無い強みがあります。キャリアはある程度構築されているでしょう。

どこかの会社で働き続けたなら、20代よりはキャリアは長い筈なのです。転職時の面接でそれをアピールしてみると、意外と簡単に採用される事もあります。それと、やはりやる気です。

企業側としても、やる気がある人材を求めていることは間違いありません。強いやる気が感じられる時などは、たとえ30代でも問題なく採用してくれる会社も沢山あります。

 

30代でも転職成功は見込める

 

以上を考慮すれば、次のように言えるでしょう。

・20代よりは30代は転職は若干厳しい
・企業によっては30代でも積極採用している
・採用されるかどうかもキャリアとやる気次第

結局は、30代でも転職に成功するケースは大いにある訳です。現在は30代でも、決して諦める必要はありません。

採用している企業も沢山あるのですから、様々な会社にアプローチしてみると良いでしょう。

年齢であきらない!50代女性の転職

就職に年齢制限は付きもの。年齢不問、未経験歓迎というのは建前で50代を過ぎると書類選考でまずアウトです。

アラカン女性の転職・・・さてどうしましょう。行動あるのみです。

 

1.好きな仕事で就職する

 

50代の就活。多分人生で最後の就活になるかもしれません。選択肢も限られてはいますが今更時間の切り売りはしたくありませんよね。

もらえる年金も先細りになりそうだしできれば70代まで働けるように遣りたい仕事、楽しめる仕事を探しましょう。あきらめなければチャンスはあります。

しかし、今更OLになるのは厳しいでしょう。過去に経理のエキスパートだったとしてもブランクがあると厳しいですし、何十年も前に取った資格を生かそうというのも無理があります。

給与、業務内容、通勤時間など何かを妥協する必要はあります。自分にとっての優先順位を決めて就活しましょう。

条件はたった1つ!? 50代でフローレンスに入社した – 女の転職 – Type

 

2.50代でも確実に雇用がある介護系

 

年齢関係なく雇用のチャンスが多いのは介護系です。

老人介護だと、高級有料老人ホーム、特別養護老人ホームなどの施設勤務やデイサービス、障がい者支援だとの就労継続作業所職員や放課後デイサービスなどの日勤など選択肢は多々あります。

また50代でも正規雇用の道はあります。

ただし介護系の資格があることが最低条件。非常勤職員やパートであれば資格はいらないところもありますが、ボーナスや福利厚生を考えると多少時間はかかっても介護職員初任者研修は取得しておくべきです。かつてのホームヘルパー2級ですね。

15日間のスクーリングとレポート提出、筆記試験、実技試験があり、2ヶ月ほどで取得できます。条件があえばハローワークで助成金もいただけます。

 

3.実力勝負の営業系

 

コールセンターと言えばパートでも時給が良い職種ですが、クレジットカード会社などの金融系や通信キャリアのコールセンターはまず40代までというのが実情のようです。

覚えるマニュアルも多く、端末の操作も複雑になるからでしょうね。ただテレフォンアポインター(テレアポ)と言われる発信オペレーターの年齢制限は緩いです。

ベテランになると60代の方もいらっしゃいます。生命保険などの営業と同じで稼いでいくらの世界ですので断られても断られても電話をかけ続けるメンタルの強さが求められます。

1時間の発信回数や通話時間なども管理されていますのでさぼるわけにもいきません。

ただ成績の良い方は報奨金なども潤沢にもらえますので優先順位がお金という方は挑戦されるのもいいでしょう。

 

4.主婦としてのキャリアが生かせる家事代行サービス

 

最近話題の家事代行サービスも中高年が活躍される職業です。基本的にはパート雇用が多いのですが時給が高く、慣れると1,500円も夢ではありません。

家事代行サービスはお客様のご要望で掃除、洗濯、買い物代行、食事作りがありますが通常は2~3時間程度の依頼が多く、家事全部をするわけではありません。

一番多い依頼は清掃、特に水周りです。

最近は一般のお宅からの依頼も増えてきましたが、ある程度の富裕層からの依頼が多く、豪邸やコンシェルジュが常駐しているタワーマンションなどがお得意様です。

留守宅の鍵をお預かりして作業することが多いので採用条件としては身元保証人が必要です。ネックは移動時間が勤務時間に含まれていません。

都心では基本的に公共交通機関を使用しますがそれなりの日給を稼ごうと思えば1日3軒はまわらないといけませんので電車の乗り継ぎなどを考えると拘束時間も長くなります。体力があって家事が好きな方にはお勧めです。

転職を行ったら状況がとても楽になった

働いている方々は、悩みを抱えている事があります。人それぞれ悩みの状況も異なり、労働時間や人間関係など色々あるのです。

その悩みを解決したいと思うなら、転職活動を検討してみるのも一法です。現にそれで、楽になる事も多いからです。

 

1.働く時間が長いという悩み

 

例えば、労働時間に関する悩みなどはよく聞きます。ニュースなどを見ていると、たまに残業に関する問題が報道されている事もあります。

一部の会社では、少し労働時間が長すぎる訳です。あまり時間が長いと、健康を害してしまう可能性もあります。

 

2.勤務場所が少し遠い

 

他にもあります。勤務先が少々遠いこともあるのです。

自宅から片道90分くらいの会社で働いていて、毎日が大変だと感じている方々もいます。もっと近い勤務先で働きたいというニーズも多いのです。

 

3.人間関係がとても辛い

 

まだあります。人間関係が少々複雑な職場も、中にはあるのです。特に上司とのお付き合いでお悩みの方々も多く、なかなか相性が合わない事もあるでしょう。

毎日人間関係で悩んでいては、ストレスも高まってしまいます。

 

4.様々な悩みを転職で解決する

 

ですから働いている方々は、

・通勤時間
・労働時間
・人間関係

こういった悩みを抱えている訳です。それでストレスが高まってしまえば、何とかしたいと思う事はあるでしょう。解決策は色々あります。

労働相談などのサービスを利用する手段もあれば、現在の職場と話し合いをする選択肢など色々です。ですが転職で、こういった問題が解決する事もよくあります。

 

5.転職をして状況が楽になった

 

転職で内定先が決まって方々は、しばしば「楽になった」と話しています。例えば転職を行うと、人間関係がリセットされる事は確実です。

少なくとも現在の上司とのお付き合いがなくなるからです。また勤務先も同様で、もっと近い職場に転職をする選択肢もあるでしょう。

現に通勤時間がかなり短くなり、とても楽になったという声も多いです。それと労働時間も、転職で解消する事はしばしばあります。

現在のお勤め先では時間が長すぎるなら、殆ど残業が無い会社に転職する選択肢もあるでしょう。

 

悩みの解消と転職先の見極め

 

つまり現在悩みを抱えているなら、転職での解消も検討してみると良い訳です。現に通勤時間に悩みがある時は、確かに転職という手段も悪くありません。

もちろん転職先は、よく選ぶ必要があります。たまに失敗している事もありますから、本当に悩みが解消される職場なのかどうかは、よく見極める必要はあるでしょう。

現在の年収に不満があるなら転職を行ってみる

転職を行う理由として最も多いのは、現在の年収です。一時期アンケートが行われた事もありますが、年収がきっかけというデータもあるのです。

そして転職で、年収が上がることはよくあります。ただ、転職の方法も1つのポイントになってくるでしょう。

 

1.現在の年収が少ないので転職をする

 

それはどういう事かというと、そもそも働いている方々は、現在の年収に満足しているとは限りません。ちょっと給料が安い会社もある訳です。例えば現時点では、250万という年収だとします。

それでは色々苦しいので、転職で解決を試みるという手段もあるのです。現に転職先によっては、300万や400万など見込めることもあります。

 

2.転職理由で一番多いのは現時点の年収

 

ちなみに以前に、転職を行った方々に対してアンケートが実施された事があります。「なぜ転職をしたのですか」というアンケートでしたが、その理由の第1位が現在の年収だったのです。

つまり、世間では収入アップを目的に転職活動をする方々が非常に多い事が、データで証明されている訳です。

 

3.現実に年収が上がることはある

 

それで、実際転職は悪くない方法なのです。確かに上記のような300万や400万の会社に転職できれば、年収は確実にアップするでしょう。実際そういう事例は沢山あります。

人材紹介会社としても、年収アップの事例などをサイトで紹介している事も多いです。数百万ほど年収が上がる可能性もありますから、転職をするのも一法と言えるでしょう。

 

4.失敗する可能性もある

 

もちろん年収アップの確率は、100%ではありません。転職先を間違えてしまいますと、年収が下がる事もたまにあります。

転職先は、それなりによく選ぶ方が良いでしょう。

 

5.人材サービス会社という手段も

 

ちなみに年収アップを目的に転職をするなら、人材紹介会社などを活用してみるのも一法です。

もしくは転職サイトなどの人材サービスでも良いのですが、それは高収入の案件を多く紹介してくれるからです。

まして紹介会社の場合は、年収アップの交渉を代行してくれる事もあります。ですから現在の年収に不満がある時には、どこかの人材サービスの会社に登録してみるのも良いでしょう。

ただし成功率は、サービス会社によってそれぞれ異なります。

参考:信頼できる転職求人おすすめサイト

転職による年収アップのまとめ

 

ですから年収については、

・転職で年収が上がる事は実際ある
・転職先はよく選ぶ必要がある
・人材サービス会社を活用するのも一法

主にこのように言えます。少なくとも年収が上がる可能性はある訳ですから、もしも収入に不満がある時は転職を検討してみると良いでしょう。