ベンチャー系への転職にはどういうメリットがあるか

転職先の選択肢は、色々あります。大手企業で働きたいと思う方々も多いですが、その他にもベンチャー系という選択肢もあるのです。

そのタイプの会社は、収入や出世スピードなどの特徴があります。スキルがあるので高収入を望む方々などは、そこへの転職を考えている事も多いです。

求人情報の効率的な探し方・ネットの転職活動で気を付ける

 

1.ベンチャー企業の2つの特色

 

ベンチャー系には2つ特徴があって、1つ目は企業の規模です。いわゆる上場企業とは違い、会社規模はそれほど大きくありません。

むしろ中小企業が目立ちます。2つ目の特徴は、革新的な事業を手がけている傾向があるのです。新しいものを開発したり、新概念の創出などを重視している会社が目立ちます。

総じて従業員と幹部クラスの方々の距離が非常に近く、意思決定も早い傾向があります。

 

2.自分の提案がスピーディーに採用される

 

それでベンチャーで働くメリットとしては、例えば自分の意思決定などが反映されやすい点です。会社で働いていると、何かビジネスアイデアを思いつくこともあるでしょう。

それを直ちに会社に提示して、経営方針に反映できる事も多いのです。ですから「従業員数を増やしましょう」などと提案すれば、非常にスピーディーに人数が増える事もあります。

大手企業は、そうではありません。会社の規模が大きいだけに、なかなか提案が採用されない事も多いです。

 

3.出世スピードがとても早い

 

それとベンチャー企業は、出世にも特徴があるのです。総じて上場企業よりは、スピーディーに出世できる傾向があります。

大手の企業では5年ほど頑張らないと出世できない事もありますが、デンチャーではもっと短期で出世できる可能性を秘めているのです。早ければ数ヶ月で出世できる事もあります。

 

4.高い収入も期待できる

 

それと収入にも特徴があります。上記の出世にも関わってきますが、頑張り次第で大きな収入を得られる事もあるのです。

いわゆる実力主義の会社が多いですから、高いスキルがあるなら、それが直ちに収入に反映される事もあります。ですからベンチャー企業には、主に次のような特長があるのです。

・提案が採用されやすい
・スピーディーな出世が見込める
・頑張り次第で高収入も可能

 

距離の近さと収入が魅力的

 

会社の規模は大きくありませんが、社長や幹部クラスの方々との距離がとても近いだけに、自分の希望通りに会社を動かせる事が多い訳です。

ですからハイレベルな技術があって、自分の可能性を試してみたい時には、ベンチャー系に転職するのも悪くないでしょう。もちろん収入も、大いに魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です