現在の年収に不満があるなら転職を行ってみる

転職を行う理由として最も多いのは、現在の年収です。一時期アンケートが行われた事もありますが、年収がきっかけというデータもあるのです。

そして転職で、年収が上がることはよくあります。ただ、転職の方法も1つのポイントになってくるでしょう。

 

1.現在の年収が少ないので転職をする

 

それはどういう事かというと、そもそも働いている方々は、現在の年収に満足しているとは限りません。ちょっと給料が安い会社もある訳です。例えば現時点では、250万という年収だとします。

それでは色々苦しいので、転職で解決を試みるという手段もあるのです。現に転職先によっては、300万や400万など見込めることもあります。

 

2.転職理由で一番多いのは現時点の年収

 

ちなみに以前に、転職を行った方々に対してアンケートが実施された事があります。「なぜ転職をしたのですか」というアンケートでしたが、その理由の第1位が現在の年収だったのです。

つまり、世間では収入アップを目的に転職活動をする方々が非常に多い事が、データで証明されている訳です。

 

3.現実に年収が上がることはある

 

それで、実際転職は悪くない方法なのです。確かに上記のような300万や400万の会社に転職できれば、年収は確実にアップするでしょう。実際そういう事例は沢山あります。

人材紹介会社としても、年収アップの事例などをサイトで紹介している事も多いです。数百万ほど年収が上がる可能性もありますから、転職をするのも一法と言えるでしょう。

 

4.失敗する可能性もある

 

もちろん年収アップの確率は、100%ではありません。転職先を間違えてしまいますと、年収が下がる事もたまにあります。

転職先は、それなりによく選ぶ方が良いでしょう。

 

5.人材サービス会社という手段も

 

ちなみに年収アップを目的に転職をするなら、人材紹介会社などを活用してみるのも一法です。

もしくは転職サイトなどの人材サービスでも良いのですが、それは高収入の案件を多く紹介してくれるからです。

まして紹介会社の場合は、年収アップの交渉を代行してくれる事もあります。ですから現在の年収に不満がある時には、どこかの人材サービスの会社に登録してみるのも良いでしょう。

ただし成功率は、サービス会社によってそれぞれ異なります。

参考:信頼できる転職求人おすすめサイト

転職による年収アップのまとめ

 

ですから年収については、

・転職で年収が上がる事は実際ある
・転職先はよく選ぶ必要がある
・人材サービス会社を活用するのも一法

主にこのように言えます。少なくとも年収が上がる可能性はある訳ですから、もしも収入に不満がある時は転職を検討してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です