薬剤師業界の転職にはどういう特徴があるか

薬剤師としてお勤めの方々は、転職を考えている事があります。薬剤師の場合、人間関係が理由で転職を検討している事が多いですが、その業界は売り手市場ではあります。

総じて転職先は見つけやすい傾向はありますが、地域選びなどは1つのポイントになるでしょう。

 

1.現時点では売り手市場の薬剤師

 

全国の薬局や病院の状況を見る限り、全般的に人手不足ではあります。そういう状況では、やはり求人倍率も高めになる傾向はあるのです。

現に薬剤師は、他の業界と比べても倍率は高めです。ただし今後の状況によっては、もちろん倍率が変わる可能性はあります。

少なくとも現時点では、他職種と比べて転職先を見つけやすい業界とは言えるでしょう。

 

2.英語力があると優遇される

 

ちなみに薬剤師の場合は、英語力が1つのポイントになります。全体的に、英語力がある人材を優遇する傾向があるからです。

というのも薬の表記は、総じて英語が目立ちます。欧米で作られた薬が非常に多い事から、薬剤師としても英語力が必要になる訳です。

ですから何かの機会で英語を学んだ方々は、お仕事は見つけやすいでしょう。

 

3.郊外は給与が高めな傾向がある

 

それで薬剤師の給料は、地域によってかなり差があります。全体的に、郊外地域ほど給与が高めな傾向があるからです。

というのも郊外ですと、なかなか人材確保が難しい傾向があります。人手確保を優先したいので、初任給も高めに設定している薬局が多いのです。

ですから給料重視で転職先を探したい時などは、地域選定が1つのポイントになるでしょう。

 

4.人材サービス会社の専門性は確認

 

このように様々な特長がある薬剤師の業界ですが、いざ転職をする場合は、サイトや人材紹介会社を利用するケースが多いです。

求人雑誌などには、あまり薬剤師の求人広告が掲載されていないからです。

何らかの人材サービス会社を活用してお仕事を探すのが一般的ですが、サービス会社の専門性が1つのポイントになるでしょう。

薬剤師に特化しているサービス会社なのか、そうでない会社なのかは、よく見極める事が大切です。

やはり前者のように特化している会社などは、サポートも充実している傾向があるからです。

急がば回れ。転職活動を効率よく進めるためのコツ | パソナキャリ

 

薬剤師の転職に関する特長

 

ですから薬剤師の転職については、

・売り手市場ではある
・地域によって給料の差がある
・英語力があると優遇される
・薬剤師専門の人材サービスがおすすめ

概ねこのように言えます。転職先は見つけやすい業界ではありますが、英語力や人材サービス会社選びがポイントになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です